2010年06月01日

将来のことを見据えて

また、この墓石・墓碑の指して墓ということもある。また、古代日本では墓を「奥津城、奥つ城(おくつき)」と呼んでおり、これにならって、神道墓をそう呼ぶこともある。納骨堂(のうこつどう)は、遺骨を保管しておく建物である。寺院の内に設けられたものとは異なる、自治体により建立された納骨堂が存在する。墓石(ぼせき、はかいし)とは、墓のしるしに建てる石。例えば、特撮などで見られる「ここが貴様の”墓場”だ」との台詞では、墓場は「”刑場”」を意味する。また、古代日本では墓を「奥都城、奥津城(おくつき)」と呼んでおり、これにならって、神道墓をそう呼ぶ。そもそもは子育て幽霊を脚色した伊藤正美作の紙芝居『ハカバキタロー(墓場奇太郎)』を作者承諾の上で、水木がオリジナルの紙芝居に仕立てたのが鬼太郎シリーズの原点である(紙芝居の鬼太郎作品は現存してないとされているが、探偵!ナイトスクープ内でそれらしきものが発見されている)。
posted by guitt at 10:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。